<< November 2020 >>
SunMonTueWedThuFriSat
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
2930
流浪的魚
ブログ内検索
カテゴリー
アーカイブス
ADMIN
OTHERS
モンゴル旅行日程
MongoliaMap

ベトナムから北京に戻ったあとは、モンゴルへ。

北京からは恐らく夜行バスで内蒙古自治区・二連浩特へ。到着後に国境越えしてモンゴル側のザーミン・ウード。ここから夜行列車でウランバートル。所要時間は合計40時間以上。ホーチミン出発から考えると2日半... さらに中国・モンゴル国境はかなり混雑する模様で、通過に体力を使いそう。北京からウランバートルへは国際列車が週2本(内1本はモスクワ行き)あり、国境通過も自分の座席にいるだけでよいから、こちら乗車したいところだが、火曜日の出発はなく、また、あったとしてもチケットの取得は困難らしい。

北京〜ウランバートルをエアで移動できれば所要2時間半。ホーチミンから到着後、中国国際航空CA901便に乗れればウランバートルへはお昼に着けるが、こちらは乗り継ぎ時間が1時間5分。北京は乗り継ぎでも一旦入出国しなければならず、こちらはとても無理。MIAT モンゴル国営航空OM224便が同日飛んでいるものの、こちらの出発は夜10時だから待ち時間は15時間。となると一旦市街にでる→もう一度空港に戻るのは面倒ということで、やはりバス利用か。

さて、肝心のモンゴルでは西部の山岳地帯・バヤンウルギーまで行きたいと思っているが、飛行機ならともかく、地上をゆく公共交通機関でとなると、かなり大変そうというか、実際にバスとかあるのかどうかもよくわからない。モンゴルの個人旅行は移動の面でかなり制約がありそう。かといって現地ツアー参加は可能はなるべく避けたい。この辺りはウランバートルに入ってからいろいろ調べることにする。

その他、ビザについて。モンゴルは本来は渡航にビザが必要だが、今年はモンゴル建国800周年記念で、2006年4月1日?12月31日に入国する日本国籍者は、ビザなしで渡航が可能(90日)。これにより、今回の旅行は中国、ベトナムも含めて全てビザ不要で旅行できる。この点はとてもありがたい。
固定リンク | comments(0) | trackbacks(0) | 編集
<<中国国際航空でマイレージ・プラス | ベトナム・メコンデルタ >>