<< April 2020 >>
SunMonTueWedThuFriSat
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930
流浪的魚
ブログ内検索
カテゴリー
アーカイブス
ADMIN
OTHERS
ちょっとしたハプニング


この日はかなり調子がよいので、午後から郊外のシバーム・コーカバンへ。

バーブ・アル・イエメン→アル・ジャーマ→シャムランとミニバスに乗り継いで来たまでは順調だったが、ここから大勢の男たちが乗ったピックアップトラックの荷台に便乗させてもらったものの、10kmほどいった所にあった検問所で通過拒否にあう。取得しておいたパーミットを見せてもダメ。激高した同乗者たちが警官に詰め寄り一時は騒然とした雰囲気に。同乗してきた男たちからは「いいから降りるな」といわれ警官からは「降りろ」といわれ、しばし戸惑うばかり。結局、詰め寄る男たちに手を焼いて銃口を向けだすにあたり、おとなしく警官の指示に従って下車。しばらくは納得のゆかない同乗者たちが騒いでいたが、やがて手を振って去っていった。

落ち着いた所で警官が説明するところによると、タクシーでなら全然通ってよし。との事。すぐあとに来たタクシーを捕まえて、これでゆけという。つまりは外国人の誘拐事件が後を絶たない国ゆえ、念のため得体のしれない連中と一緒に通すことはできないらしい。しかし、時すでに午後2時半で、これから高い料金を払って目的地に着いても料金分の滞在時間もなく、タクシーは断ってもらって、反対側、サナア方面にゆく車を適当に捕まえてもらってミニバスの始発点のシャムランへと後戻り。

通過できなかったものの、ちょっとエキサイティングなシーンが見られ、それなりに満足。ただ残念なことにその場の写真を撮ることは、警官に制止され断念。

その後、シャムランにてミニバスに乗り一息ついたところで、またまた別の事件発生。それなりに乗客が埋まってさあ、出発しようかというときに、後ろから回り込んできて2−3人の乗客を拾った別のミニバスがいて、途端に10歳ちょっとの少年車掌が飛び降りて相手のバスに乗り込み運転手に猛抗議。こちらのバスの運転手は相手のバス前にでて行く手を遮ってしまって一触即発の事態に。そして突然少年車掌が相手方運転手に殴りかかり、その3倍のパンチと蹴りをいれられたのを見て双方の乗客を交えて乱闘騒ぎになってしまった。くだんの少年車掌は相手のバスを降りるなり、石を拾って車体を引っかきまわし、さらにはタイヤのバルブを突いて空気を抜き始めるは、小さいくせに、やることがえげつない。こちらのバスにも相手方のバスの乗客が乗り込んできて運転手につかみかかり、一時はどうなるのか、運転席の真後ろという特等席で息を潜めつつ成り行きをドキドキしながら見守った。

しかし、乱闘騒ぎといっても少年車掌の一撃を除いては大人同士の間ではギリギリのところで殴り合いには至らず。たぶん手を出したら最後、行き着くところまで死闘が繰り広げられることになるから興奮していても最後のところで自制が働いているみたい。最終的には勢いの強いあちらに譲って事件は収束。しかし、一人殴り、しこたま殴り返された少年車掌は終始不機嫌だった。このシーンについても写真を撮る勇気なし。撮っていたらたぶんタダでは済まなかったと思うが。ただちょうど乗り込んだときに撮った運転手と少年車掌、他一名の写真があるので掲載。このときは本当ににこやかでピースフルな雰囲気でいっぱいだったのだが、事件はこの3分後。人が変わったみたいに暴れるこの子にはタダタダ唖然とした。
固定リンク | comments(0) | trackbacks(1) | 編集
<<Mokha - Taiz - Ibb | 犠牲祭(イード)のはじまり >>