<< May 2017 >>
SunMonTueWedThuFriSat
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031
流浪的魚
ブログ内検索
カテゴリー
アーカイブス
ADMIN
OTHERS
JAPAN Official Development Assistance (ODA)
oda bus
Grain storage
穀物貯蔵庫

日本のODAプロジェクト2例。どちらも1996年の援助。

バスはウランバートル市内で使用中。穀物貯蔵庫はハラホリンの町外れ、エルデニ・ゾー遺跡の手前に建てられている。
固定リンク | comments(0) | trackbacks(0) | 編集
モンゴルのガソリン価格


2006年8月半ばのウランバートルで、日本円換算でレギュラー80円、プレミアム87〜93円、軽油97円といった価格。価格は僻地へ行くほど高くなり、それぞれ+10円ほどに違いがでてくる。モンゴルでは一般的な食堂・レストランで一食当たり100-140円程度で済むことと比較すると、かなり高額。従って交通費は高目。

ちなみにモンゴルでのレギュラーガソリンはA-76、A-80でオクタン価が低く、プレミアムのAЙ (AI)-92,93,95 あたりで日本のレギュラーガソリンと同等〜やや上。軽油 (ДТ) はガソリンよりも高い。

固定リンク | comments(0) | trackbacks(0) | 編集
URAL (モンゴルでみかけたバイク-2)



こちらはモンゴル西部で頻繁に見かけたタイプ。空冷4サイクル、水平対向650cc、シャフトドライブ。現在も750ccにスペックアップしたモデルを新車で販売中。

サイドカーがとても似合うバイク。よく考えたら記憶にあるこのバイクは全てサイドカーをつけていたように思う。
固定リンク | comments(0) | trackbacks(3) | 編集
ИЖ (IZH) Юпитер 5 (モンゴルでよく見かけたバイク)



「Юпитер」はジュピター。モンゴルで最もメジャーなロシア製バイク。空冷2サイクル、350cc。バイクタクシーや遊牧民の自家用といった用途も多く、最近の中国製バイクに比べて頑丈なところが好評。ただ、観察する限り、始動に随分てこずるバイクだとの印象が強い。

なぜかフロントウインカーを上向けにつけているケースが多く、ユーモラス。写真の場合はフロントに4つウインカー。
固定リンク | comments(0) | trackbacks(0) | 編集
正体不明車両


夕暮れ時のウブルハンガイ・アルバイヘールの本線上を行く見慣れない大型トラック。車体に貼られたステッカー類からして、どこかのラリーに出場経験のある車両か。ナンバープレートは確認できなかったが運転していたのは西洋人で、恐らくヨーロッパ方面から自走してきたもの。

モンゴルの酷道もこのトラックで行くならきっと楽しいことだろう。羨望の眼差しで見送る。
固定リンク | comments(3) | trackbacks(0) | 編集