<< May 2017 >>
SunMonTueWedThuFriSat
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031
流浪的魚
ブログ内検索
カテゴリー
アーカイブス
ADMIN
OTHERS
08-09タイ・ラオス ルート
lao_map.gif

この度は2年ぶりに海外にでかける事ができて、ブログのネタもできたので更新を再開。

今回の渡航先はラオス。バンコクinoutの都合、少しだけタイも移動したので一応タイ・ラオスでカテゴリを作成してます。

因みに期間は08.12.26〜09.01.09(旅行を決めたのは12.22とギリギリ)

地図の緑色は当初計画ルートで赤線が実際に取ったルート。当初予定ルートは+10日ほど必要でした。その他、中国国際航空のチケットが非常に安かったので昆明inoutも考えましたが、北京10時間待ち、昆明午前0時過ぎ着にめげて、素直にTGでバンコクに飛びました。
固定リンク | comments(0) | trackbacks(0) | 編集
マイル消失(無茶ショック!)
UAマイレージ画面

コツコツと貯めてきたマイルが全て失効している (>_<)
40000マイルあったのに!沖縄なら4回?タダで行けたはずなのに!!

2007年12月31日から「最後のマイル増減から36ヶ月→18ヶ月へ」変更になっていたのに気付かなかった。あぁ、なんて迂闊な。あぁ、信じられない (-_-;)

悔しいからせめてネタにしてやる。
でもなんか、渡航熱が醒めてきているときに、トドメの一撃を食らった気分だー。
固定リンク | comments(3) | trackbacks(0) | 編集
雨のミッドナイトラン
夜の林道

23日PM9:45 先刻まで土砂降りだった雨が小止みになった隙をついて出発。 PM10:30集合〜11:00発。ドタキャンがあって当然な天気のなか、なぜか逆にドタ参1人を加えた総勢9名が集合。雨天中止と明記していたにも係わらず降水確率80%での決行、さらに決行判断が集合時間の2時間前という状況でこの参加率は正常な判断なのか? とにかく雨をついて各地から参集してくる参加者に目頭が熱くなった。しかし、集合地点のコンビニに居合わせた人々の「こいつらいったい何?」といった視線がちょっと痛い。

出発までの間に再び雨が降り始め、激しい雷鳴を背に受けて、お山に突撃。

夜の林道夜の林道
↑一部区間土砂崩れ後でスタック

夜の林道
↑AM4時頃の滋賀県某山山頂にて

夜の林道
↑AM5時過ぎ。宇治田原のコンビニで部隊解散
固定リンク | comments(0) | trackbacks(0) | 編集
22時間半・日帰り信州
経路図

甲州名物「ほうとう」を信州・諏訪で食べ、八ケ岳を一周するというツーリングに参加して1日中走り倒してきた。

往復総則利用では味気ないし料金も嵩むので現地集合地点の諏訪湖SAまでは単独行。20日午前2時起床3時出発。名神・東海北陸道を辿って一路飛騨清見へ。岐阜の山中で気温急降下。確認した最低気温は14度。途中でメッシュジャケットに内張りを装着したものの、肌寒し。

高山6時着。開いているGS見当たらず。リザーブに切り替えてからすでに60km走行済みで身動きならず。先を急ぎたいけれど7時まで待機。

給油後、安房峠を旧道で越えて信州入り。残念ながら峠は雲っていて穂高は見えず。この後サラダ街道→塩尻→高ボッチ高原と走る予定だったが、高山の1時間ロスが響き断念。本隊と合流すべくマツモトICから長野道を諏訪湖SAへ向かう。

ほうとう
▲甲州名物だけど信州・諏訪で食べた。「小作」のほうとう

諏訪湖SAビーナスライン
左:諏訪湖SAで本隊と合流 右:まずはサクッとビーナスライン走行

清泉寮JR最高地点と高原列車
左:清里・清泉寮のソフトクリームに長蛇の列
右:JR最高(標高)地点と高原列車

麦草峠
▲麦草峠は雲の中

帰路は本隊とともに諏訪を午後6時半出発。そしてなぜか京都到着は午前0時半... 所要時間の半分は休憩時間。めでたく帰路も高速の深夜割引料金となった。

合計930km中650kmほどが高速道。単気筒SRXにはつらい道のりだった。 高速道移動がラクなバイクが一台欲いところ。
固定リンク | comments(0) | trackbacks(0) | 編集
つけてみそかけてみそ
つけてみそかけてみそ
↑さるお方からいただきました。早速恐る恐る試食中。

あ、開会式が始まる。日本加油! 88
固定リンク | comments(0) | trackbacks(0) | 編集