<< December 2017 >>
SunMonTueWedThuFriSat
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31
流浪的魚
ブログ内検索
カテゴリー
アーカイブス
ADMIN
OTHERS
予想外に晴れ(Baku)
baku

天気予報と違って、起きてみると外は晴れ。ただちに外出。しかし、日差しは弱く、11時ごろにはどんより曇り空に。夕方からまた雨。

この日、時計を買った。昨日どこかでベルトが切れて落としてしまったのだ。買ったといっても旧ソ連時代の中古品。30$ほど出費。

→アゼルバイジャン・バクー写真集
固定リンク | comments(0) | trackbacks(0) | 編集
rain rain rain(Baku)
baku

バクー(アゼルバイジャン)の空港に着いたのは午前3時。ピザ申請は待ち時間なしで非常にスムーズ。といってもこの時間に同じオーストリア航空の小型機で着いた中の数人の申請だから当然か。ちなみに$40。

明るくなるまで空港のベンチやらカフェで時間をつぶす。が、7時になっても外は真っ暗。さらに雨が降っている… いきなり雨か。 8時になってやっと空が白んできたので小雨の中をマッシュルートカ(乗合バン)で街へ。

街の中心から少し離れたホテルに宿泊。2ベッド相部屋で$10。部屋はきれいで、暖房もほどよく効いていて快適。隣のベッドには空軍とおぼしきバッジをつけた年配の兵士。あまりニコッとはしてくれないし、英語も通じないけれども、なにげにお茶やらみかんをくれたりするいい人。

小雨の中、市内センター街へ。気温はさして低くはないが、冷たい風が吹き付けて、体感温度は低い。臨海公園から見たカスピ海も冴えないねずみ色。人影といえば数組のカップルだけ。雨の中傘もささずに(街中、傘をさしている人は数%にすぎない)抱擁しあっている様は微笑ましいのを通り越して痛々しい。

インターネットカフェにて天気予報を調べると雨マークがズラーっと並んでいて、気落ちする。とにかく初日はここまで。なんだか寒気もするし、この後宿に戻って早々に寝ることにする。

→アゼルバイジャン・バクー写真集
固定リンク | comments(0) | trackbacks(0) | 編集
現在関空
9:20分現在、関空2番ゲート前。
京都駅からのバス、満席だったのはこれがはじめて。団体受付カウンターでのチケット受け取りも人多し。ただし出国審査は待ち時間0.

あと10分ほどで搭乗。とりあえず北京に飛ぶ。北京で到着ターミナルが同じであればそのままトランジットでよいらしいが、これは到着しないとわからないらしい。とりあえず入出国しなければならないとしても、荷物は直行でバクーまでゆくので、身軽なのはありがたい。もちろんバクーで無事荷物が受け取れればだが。

そういえばバクー到着時に空港でビザを取得するわけだが、必要な写真は手荷物の中だったか、預けた荷物の中だったか... 
固定リンク | comments(0) | trackbacks(0) | 編集
カフカス(コーカサス)行き日程
¥¬¥?¥??a° ̄??

出発まですでに秒読み段階。今日帰宅したらパッキングしないと?ちなみに航空券の重複は解決済み。以下のような乗り継ぎスケジュール。

12月21日(WED)

関西発 10:00→ペキン着 12:20  全日空 NH159
ペキン首都空港発 14:45→ウィーン着 18:15 オーストリア航空 OS64
ウィーン発 20:25→バクー着 12月22日 03:30 オーストリア航空 OS881

01月11日(WED)

エレバン発 05:35→ウィーン着 06:35 オーストリア航空 OS642
ウィーン発 13:55→上海着 01月12日(THR) 07:45 オーストリア航空 OS57
上海発 12:30→関西着 15:25 全日空 NH156

※日本とカフカス諸国の時差 -5時間・日本とオーストリアの時差 -8時間

このスケジュールで見ると往路は2度の乗り換え時の待ち時間は2時間台ながら、復路はそれぞれ7時間半・5時間弱。ウイーンでは市内に出てみる時間がありそうだが、上海の方は中途半端。無理して何かするとしたらリニア往復乗車ぐらいだが、すでに去年同じことをしているし。

中国乗り継ぎは、冬期、オーストリア航空は関空に飛んでいないためだが、中国ではトランジットという扱いではなく、一度入国して、また出国しなければならず、そのため空港使用料(建設費?)が往復ともとられるのが痛い。また、行列を並んでチェックインするのも面倒。

最後に一番辛いのがアルメニア・イェレバンを出発するのが早朝5時なこと。これは前夜空港に着いてロビー泊を意味する出発時間だ。
固定リンク | comments(0) | trackbacks(0) | 編集
パスポート更新
void passport

ついにパスポートを更新するときが来てしまった。予定では来年の夏前、有効期限ごろに更新するつもりでいたが、今回の行先の国々が全て6ヶ月以上の残存有効期間が必要だったので、やむを得ず半年前倒し。

ただ今、"VOID" の穴が開けられたパスポートを手にして、ちょっと感傷にひたっている。9年半使ったパスポートは愛着がある。できることなら一生このまま使ってゆきたいぐらい。それはともかく、せめて増補したページが埋まるまで使いたかった。10年前の、自分の写真も名残惜しい。暗記している旅券番号も、また覚え直しだ。そして押されたスタンプやビザともさよーなら。改めてページをめくると、入出国スタンプを押してもらうのに難癖つけられて苦労した件とかが思い浮かぶ。

固定リンク | comments(0) | trackbacks(1) | 編集