<< June 2017 >>
SunMonTueWedThuFriSat
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930
流浪的魚
ブログ内検索
カテゴリー
アーカイブス
ADMIN
OTHERS
夜明け遅し(ウイーン)
viena-4

朝8時30分の街角。なかなか日が昇らない。足下からどんどん冷えてきた。トランジットでふらっと出てきただけに、十分な防寒装備でないのが痛い。
固定リンク | comments(0) | trackbacks(0) | 編集
重厚(ウイーン)
viena-3

建物が重々しい。
固定リンク | comments(0) | trackbacks(0) | 編集
トラム(ウイーンにて)
VIENA TRAM

街にでて、一番目につくのがトラム。縦横無尽に走り回っている。乗車していないけれど、交差点で分岐が多くて、どこにゆくのか見当がつかないのでは...

そういえば今回のコーカサスの旅ではここまでトラムをみることがなかった。トビリシとイェレバンには地図上にはトラムの路線が載っているが、実際にはすでに廃止済みらしい。各所で線路跡を見かけただけだ。
固定リンク | comments(0) | trackbacks(0) | 編集
ウイーン(ちょっと散歩)
cat

7時間の乗り継ぎ時間を空港で過ごすにはもったいないのでちょっとだけ入国してウイーンの街にでてみた。ただ最初の段階で大きなショックを受ける。まず両替。4000円を両替して27ユーロ手に入るとレートを見て考えたのに実際には22ユーロ。まさかキャッシュの両替で5ユーロも手数料?をとられるとは思わなかった。そして市内に向かうCATという専用列車の運賃。片道9ユーロ/往復16ユーロ。上海リニアのように高速で走るウリがあるわけでもなく、のんびり走って15分の距離にこの値段は何!? バスや普通の列車でゆけばもっと安いのだろうか?特に何も調べてこなかったし、時間もたいしてないのでこいつの往復チケットを買う。この時点で残りはなんと1ユーロか。

市内のターミナルについてトイレを使ったらなんと50セント。あわてて両替できるところを探すもまだ薄暗い早朝7時半。寒いので暖かいコーヒーでも飲みたいのだが、50セントでできることといえば、もう一度トイレにゆくことぐらいか。

頭では物価の違いはわかっていたつもりだが、昨日まで特に節約したわけでもないが一日1000円ほどで済むこともあった感覚からして、4000円がこんなに早くなくなるのは衝撃的だった。
固定リンク | comments(0) | trackbacks(0) | 編集
帰国
tokusima

昨日夕刻、予定通り帰国しました。

ちなみにウイーン〜上海間の機内は中国のツアー客の方々の騒々しさ(大人も子供も機内をうろうろ。そしてあちこちで絶え間なく幼児の泣き声。そして泣いてる子供をあやしながら通路を行き来する母親。よく見たらおっぱいあげてたりする)と横の席の大柄なドイツ系の男が延々ゲームしながら貧乏ゆすりするので、ほとんど寝れず。

対照的に上海〜関空の機内はガラガラだったせいもあって、とても静かで快適。ただし離陸後かなり長い間、ひどく揺れたので機内食がでたときはすでに熊本上空。食べ終わった頃には四国の吉野川が眼下に見えた。写真は徳島空港上空。
固定リンク | comments(0) | trackbacks(0) | 編集