<< June 2017 >>
SunMonTueWedThuFriSat
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930
流浪的魚
ブログ内検索
カテゴリー
アーカイブス
ADMIN
OTHERS
1月1日は公共交通なし
kazbek-3

トビリシへ戻る。しかし、困ったことに朝からチェックしているが、乗り合いバンが見当たらない。11時になって荷物をまとめて乗り場になっている広場に出向くが車は一台もなし。3時間ほど待ってようやく1台のシェアータクシー。しかしその言い値は普段の3倍!ドライバーもほかにチョイスがないこと知っていて強気。結局この法外な値段で納得せざるを得ず、カズベキを後にする。

途中、ムツケータの警察前でおろしてもらう。(昨夜トビリシの宿に警察から連絡があったというので)しかし、警察署には担当官はおらず、明後日また来るようにいわれただけ。結局、署内のハッピーニューイヤー パーティーに参加して、トビリシに戻る。ワイン飲みすぎ。

→カズベキ写真集
→旅行記・帰路、交通量ゼロ(カズベキ)
固定リンク | comments(0) | trackbacks(0) | 編集
大晦日はカズベキで迎える
kazbek

本日トビリシに戻る予定だったが、昨夜の到着が遅すぎたため、もう一泊することに。天気も安定しているから急に雪が降り出すこともないだろう。ちなみに積雪量は50cm程度。

山上の教会へでかけたりの一日。日中はさして寒くない。
ちなみにここで新年を迎える。小さな村ながら10分ばかりあちこちから花火が上がり盛り上がるが、あっという間に沈黙。風が強くとても寒い夜だからやむを得ないか。
固定リンク | comments(0) | trackbacks(0) | 編集
カズベキ(Kazbek)
kazbek-1

カズベキへ。普段なら3-4時間で到着できるはずが、8時間かかる。途中の峠で除雪作業中のため。で、到着は暗くなってから。ホームステイの予定なので看板もなく、ましてや表札もなく、人に尋ねようにも人通りがなくて、真っ暗な中、家々のドアをたたいてまわることに。

→カズベキ写真集
→旅行記・カズベキ
固定リンク | comments(0) | trackbacks(0) | 編集
トビリシ-2
tbilisi

この日は警察からの電話を待ちつつトビリシをうろうろ。しかし、夜になっても警察からの連絡なし。

同宿にカナダ人カップル到着。カズベキからきたという。カズベキはロシアの北オセチア共和国の国境近くの山岳地帯で、グルジア旅行の目玉とえるところだが、冬は積雪の問題で、道路閉鎖が気になるところ。彼らは12月21日にでかけたものの、8日間雪のために峠が閉鎖され、8日後にやっとトビリシに戻ってきたのだという。しかし、ここ数日の好天と峠の除雪が完了したという情報をもとに翌日出発することにする。
固定リンク | comments(0) | trackbacks(0) | 編集
捜査
Mtskheta

ムツヘタ(ムツケータ/Mtskheta) へ。朝トビリシ在住の警官が自家用車で宿まで迎えにきてくれる。到着後、一人の警官と車一台を捜査のためにまわしてくれる。なんだか至れりつくせりなか感じで恐縮する。結果は日暮れごろまでうろうろし、それらしき人物を尋問してみたりしたが、空振りに終わる。何より、自分の記憶が定かでないのが情けない。夜、また車で送られて宿へ。とにかく警察からは、所在を残しておくことと、連絡があったらまた来るようにいわれた。

なお、ここから先は予備に持ってきていたRicoh GXで撮影したもの
固定リンク | comments(0) | trackbacks(0) | 編集