<< June 2017 >>
SunMonTueWedThuFriSat
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930
流浪的魚
ブログ内検索
カテゴリー
アーカイブス
ADMIN
OTHERS
道の駅 さかきた
道の駅さかきた

姨捨から先は真っ暗な峠越え。途中からややペースの速い車を追走して、そのヘッドライトを頼りにコーナーを夢中でクリアしてゆくうちに、うっかり予定していたキャンプ場を通過して麓の麻績(おみ)に到着。後戻りするのも面倒なので、とりあえず松本方面へ向かううちに小さな道の駅に遭遇。ここで小休止のつもりが建物脇に手頃な敷地を見つけてしまい、しばし悩んだ末に今夜の宿地に決定。

翌朝は5時過ぎ起床で早々にテント撤収。早めに京都まで戻るべく荷物をまとめたものの、雰囲気の良い霧の朝で、ついコーヒー沸かしてみたり、バイクの写真なんかを撮ったりしているうちに時間は7時前。決して早いスタートとはいえない時間になった。
固定リンク | comments(0) | trackbacks(0) | 編集
千曲市姨捨(おばすて)
JR姨捨駅名票
姨捨夜景

戸隠から長野市街を抜けるのに手間取って、姨捨に着いたのは午後5時過ぎ。ここで出会った野良着姿のおばさんから、「ここの夜景はとってもキレイだよー。見ていくべきだよー」と言われ、暗くなる前に聖高原のキャンプ場に着きたい気持ちも強いが、結局1時間ほど予定を遅らせて夜景を撮ってゆく事に。

とりあえずJR篠ノ井線・姨捨駅へ。こちらのホームから見た善光寺平の風景は有名らしく、日本三大車窓のひとつに選ばれているほどの場所。しかし残念なことに、そのホームはテレビのスタッフ十数名が何やら作業中で、その脇で三脚立ててのんびり日が暮れるのを待つ雰囲気ではなかった。聞くところによるとこの姨捨駅がABN長野朝日放送15周年記念番組「みつめて!信州生テレビ2006」の特別スタジオになるらしい。番組は翌30日で本日はその準備中。

やむを得ず(いずれにしても架線が邪魔で、ホームからの風景は写真には適さない)R403に出て道路脇のミニ展望台で撮影。いまひとつ空気が澄んでおらず、ぼんやりした夜景になって少々ガッカリ。
固定リンク | comments(0) | trackbacks(3) | 編集
戸隠・そば処 延命庵
戸隠・そば処延命庵
延命庵の蕎麦

鬼無里から小一時間で戸隠。ここに来た目的は戸隠蕎麦を食べる事に尽きる(本来、食べ物に執着しないのだけれど、以前ここに来た時に食べた蕎麦に感動したもので)。

蕎麦処だらけの戸隠神社周辺で、果たしてどこで食べるかに30分ほど悩んで、最終的に「そば処 延命庵」へ。こちらはお座敷席。鬼無里共々、金曜日の午後ということもあって他に客もなく、貸切状態。とにかく戸隠蕎麦を注文。さきほど食べたばかりで腹八分状態にもかかわらず、つい勢いで大盛り+みそ漬け山菜入りおにぎりをセットで頼む。

出てきた蕎麦は写真のように(って、すでに盛りつけが崩れてしまってるので参考にならないかも)変った盛りつけ。「ぼっち盛り」と言うそうで、これが戸隠蕎麦のアイデンティティー。
固定リンク | comments(0) | trackbacks(1) | 編集
鬼無里日影・観音そば
鬼無里村
鬼無里・観音そば
囲炉裏端
みそ田楽

白馬からR406を東に進んでゆく道端に、風情溢れる山里の民家をで営業している「観音そば」を発見。そばは戸隠でいただく予定だったので、一度は通り過ぎたものの、どうも気になって引き返す。

結局、ここで昼飯。ざるそばとみそ田楽で1150円也。
固定リンク | comments(0) | trackbacks(0) | 編集
9月29日 大糸線・国鉄色のディーゼルカー
大糸線キハ52-115
大糸線中土〜北小谷
大糸線中土〜北小谷

29日晴れ。午前中はローカル線のディーゼルカーを追う。詳しくはコチラ

このカラーは風景にとてもよく馴染むなーとしみじみ思う。
固定リンク | comments(0) | trackbacks(0) | 編集